MARGHU gallery&wine

やっぱり美味しいスペインワイン バレンシソ!!

2019/01/18

MARGHUワイン在庫情報

マーグのこと

ワイン

こんにちは(^^)

熊本県合志市(光の森地区)

画廊&ワインショップ

GALLERY&WINE MARGHU(マーグ)

のブログにご訪問ありがとうございます。

 

マーグでオープン当初から高い人気を誇るスペイン・リオハのワイン、

バレンシソ!!

 

やっぱりバレンシソは美味しいです!!

 

バレンシソValenciso)は、

香りで輝く、アロマの厚みがあるワインを目指す
今リオハで最も注目される生産者です!!

Our Wines

1991年にスペインの原産地呼称の最上位であるD.O.Ca.(特選原産地呼称ワイン)に初めて認定されたリオハは、西から順にリオハ・アルタ、リオハ・アラベサ、リオハ・バハの3つの地区に分けられます。

中でも、リオハ・アルタの北部に位置するアロ周辺のエリアは昔から良質のワイン造りに最適の場所とされてます。

 

このリオハ・アルタの北部で育つテンプラニーリョのエレガンスとフィネスを表現すべく、1998年に設立されたボデガがバレンシソなんです!!

 

畑仕事が最も重要だと語る彼らは、殺虫剤などの化学薬品は使わず、有機農法に加えビオディナミの手法も取り入れており、剪定や調剤をまく時期を月の運行に合わせて決めています。

リオハでいち早くビオディナミを導入した数少ない生産者のひとりですが、彼らはビオかどうかよりもブドウのクオリティを第一に考えて畑仕事に取り組んでいるため、ビオ認証は取得していません

加えて、収量制限も厳しくバレンシソの収穫量は通常の年でもリオハの平均より25%少ないんです

 

改めて書くと、『お~~!!やっぱり凄いワインじゃないか!!』と感じますね。

 

また、 バレンシソの完成度の高さからワイン・アドヴォケイトでは、「スタイル的に分類するのであれば、『モダン』なリオハのカテゴリーに入れられるだろうが、個人的にはただ『おいしい』リオハに分類したい」と評され、スペイン北西部の優良生産者を特集した『Finest Wine』では、リオハのお買い得10傑に選ばれました!

更に、ティム・アトキンがボルドー・メドックの格付けになぞらえ、品質重視でリオハを1級から5級に分類したレポートでは、2級に格付けられ、2008ヴィンテージのレゼルバは、このカテゴリーのワイン・オブ・ザ・イヤーに選出されています。

 

 最近では、『オーパス・ワンを超えるワインを造る!』と更に試行錯誤を続け品質を向上させています!!

 

THE BODEGA

 

今在庫があるバレンシソ2011年を改めて飲んでみましたが、

スペインならではの濃厚さやスパイシーさを持ちながら、2011年という少し熟成した円やかさもあり、

非常にバランスよく纏まっていて、『これでこの価格でいいの?』と思わず言ってしまうほど😆

 

程よい濃厚さと程よい円やかさがたまらないバレンシソ!!

今から春にかけての季節にバッチリなワインでしょう!!

 

在庫も限られるので、

今のうちに揃えておいてはいかがでしょう(^^)

 

ワインの詳細はこちらをクリック!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事で紹介した商品

ワインの新入荷情報おトクな情報などをいち早くお届けします

▼ MARGHUメールマガジン登録