MARGHU gallery&wine

シャトー オー・ベルジェ・ルージュ 2003

恵まれたテロワールを表現したワイン

種類

All

>

>

フルボディ

品種

カベルネ・ソーヴィニヨン54%、メルロー46%

産地

フランス

>

ボルドー

生産者

ボルドーの生産者

>

フランスの生産者

>

シャトー・オー・ベルジェ

相性の良い料理

備考

16~18カ月間の樽熟成(新樽50%)

3,200円(税込3,520円)

カートへ入れる

長い歴史を持つシャトー『シャトー・オー・ベルジェ』

シャトー・オー・ベルジェはレオニャン市の中心に位置し、15世紀までさかのぼることができる程に長い歴史を持つシャトーです。1990年代初めにガルサン=カティアール女史が新しいオーナーに就き、醸造施設への投資が行われ近代化が進み、目覚ましいワインの品質向上を遂げています。

 

 

畑は合計29ヘクタールを所有。よく肥えた南向きの斜面上にあり、珪質粘土の下層土を持つ砂利質土壌というブドウ栽培に恵まれた環境を有します。その大部分を赤ワイン、そして少量の白ワイン用にブドウが栽培されています。
収穫は手摘みによって行われ、収穫時にブドウを選別し、醸造所に運ばれてから再度、選別テーブルで2度に渡って選別を行います。シャトー・オー・ベルジェはペサック・レオニャンのエレガンスを見事に体現した、評論家が称賛する素晴らしいワインを生み出し続けています。

格付けこそありませんが、その高い品質から、「ペサック・レオニャンでトップクラスのシャトーの1つ」とロバート・パーカー氏に評されるシャトーです。

シャトー オー・ベルジェ・ルージュ 2003

タバコのスモーキーなニュアンスに甘酸っぱいチェリーの香りが特徴のワイン。

しっかりとした酸もあり、艶やかな味わいが広がります。

ペサック・レオニャンらしい独特のヨード感も感じられ、色調には熟成感が出ていますが、味わいはまだまだ若々しい印象です。

豊かなボディながら綺麗な酸味と洗練されたタンニンによって心地よく、バランスのとれた1本と仕上がっています。

ご購入はこちらをクリックしてください

ワインの新入荷情報おトクな情報などをいち早くお届けします

MARGHUから来る自動返信メールに認証リンクがありますので、そちらへアクセスしたら登録完了です