MARGHU gallery&wine

ヴォーヌ・ロマネ・1er・レ・ショーム 2012 ルイ・ジャド

ヴォーヌ・ロマネの気品溢れる味わい

種類

All

>

>

ミディアムボディ

ライトボディ

品種

ピノ・ノワール100%

産地

フランス

>

ブルゴーニュ

生産者

ルイ・ジャド

>

ブルゴーニュの生産者

>

フランスの生産者

相性の良い料理

牛肉の赤ワイン煮

備考

13,500円(税別)

カートへ入れる

「ルイ・ジャドを語らずして、ブルゴーニュを語れず」

1859年創立のルイ・ジャド社

ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。

グラン・クリュ、プルミエ・クリュ、モノポールを含む

多くの自社畑を多く所有。

「ルイ・ジャドを語らずして、ブルゴーニュを語れず」

言われるほど、ブルゴーニュを代表する生産者です。

総面積105haのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあり、

その所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、

ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに

分かれています。

 

ルイ・ジャドのラベルで販売されるワインは

すべてブルゴーニュ地方のA.O.C格付けのワインです。

全て同じく、ギリシャ神話に登場するワインの神様「バッカス」

のデザインがラベルに用いられています。

これは創立当初から

グラン・クリュからA.O.Cブルゴーニュに至るまで

すべてのアペラシオンに対して同等の熱意を持って

ワイン造りを行っていることを示しています。

ルイ・ジャド社のワイン造りの目的は

ブルゴーニュのテロワールをワインを通じて表現することです。

そのため約20年以上前から化学肥料や農薬の使用を排除し、

伝統的な手法を採用しています。

ボーヌ周辺など一部の畑でビオディナミ農法を実践。

醸造には天然酵母を用い、トラクターが入ることのできない畑では

馬によって作業を行います。

 

 

神に愛されたヴォーヌ・ロマネの1級畑

「神に選ばれた土地」と言われるほど、高品質のワインばかりを生み出す

ヴォーヌ・ロマネ村。

北側のフラジェ・エシェゾーと南のニュイ・サン・ジョルジュの中間にあり

昔からこのヴォーヌ・ロマネ村のワインに凡酒は見当たらないと言われます。

 

1級畑「レ・ショーム」は特級「ラ・ターシュ」と1級「マルコンソール」の

真下に位置する区画で、傾斜下部のため傾斜は緩く粘土がち。

そのおかげで、しっかりとしたボディのワインが生まれると言われています。

 

ジュヴレ・シャンベルタンに比べると、土っぽさやたくましさはなくエレガント。優雅で堂々としたスケールの大きな長命タイプです。

 

 

ご購入はこちらをクリックして下さい!

ワインの新入荷情報おトクな情報などをいち早くお届けします

MARGHUから来る自動返信メールに認証リンクがありますので、そちらへアクセスしたら登録完了です