MARGHU gallery&wine

シャトー・ピション・ラランド 2012

進化を続ける「ポヤックの貴婦人」

種類

All

>

>

フルボディ

品種

カベルネ・ソーヴィニヨン59%、メルロー28%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド5%

産地

フランス

>

ボルドー

生産者

ボルドーの生産者

>

フランスの生産者

>

ピション・ラランド

相性の良い料理

備考

ビオディナミ
18カ月の樽熟成(新樽50%)

18,900円(税別)

カートへ入れる

格付け1級シャトーに肩を並べる「スーパーセカンド」

「シャトー・ラトゥール」に隣接するポイヤック随一の好立地に位置する、格付け第二級シャトー『シャトー・ピション・ロングウィル・コンテス・ド・ラランド』

かつては「ピション・ロングウィル」というシャトーでしたが、相続によって

分割した際にラランドの王女が受け継ぎました。

 

1978年からはランクサン夫人の精力的な舵取りのもと、ステンレス発酵槽の新設、樽貯蔵室の拡充などを行い、品質の向上に貢献しました。

2007年からはルゾー家の所有となっており、ビオディナミを取り入れたり、カベルネの比率を上げたりと改革を行いました。

また、2012年に醸造家のニコラ・グルミノー氏がワインメーカーに就任。

パーセル(区画)ごとの醸造をより厳密に行うことで、より緻密なスタイルへ変化しています。

 

スーパーセカンドとして確固たる地位を築いた今でも、常に進化を続ける注目のシャトーです。

 

 

洗練された上品さの中に秘めた女性的力強さ

「ポイヤックの貴婦人」という呼び名のように、滑らかな口当たりと柔らかな味わい

フルーティーで女性的なワインでありながら、10~20年熟成できるタンニンとコクも持ち合わせています。

 

1990年代まではポイヤックの中でも特にメルロの比率が高く、女性らしい優美で華やかなスタイルでしたが、近年はカベルネ・ソーヴィニヨンの比率を調整し、力強い味わいを意識しています。

また、新樽の比率を半分にまで引き上げ、フルーティーさを意識した醸造が行われています。

 

上質なタンニンと美しい酸味のバランスが良く、長い余韻も印象的なワイン。

洗練されたエレガントな味わいの中に、女性的力強さを秘めており、「貴婦人」の呼び名にふさわしい気品溢れた1本です!

 

 

 

ご購入はこちらをクリックして下さい!

 

ワインの新入荷情報おトクな情報などをいち早くお届けします

MARGHUから来る自動返信メールに認証リンクがありますので、そちらへアクセスしたら登録完了です