MARGHU gallery&wine

ラントル・ルージュ 2018 シャントレーヴ

日本人女性 栗山さんが造る衝撃ワイン!遂に入荷!!

種類

All

>

>

ミディアムボディ

品種

シラー100%

産地

フランス

>

ローヌ

生産者

ブルゴーニュの生産者

>

フランスの生産者

>

シャントレーヴ

相性の良い料理

備考

小樽で9カ月熟成

2,400円(税別)

カートへ入れる

無限のポテンシャルを秘めた二人に大注目!

シャントレーヴは日本人女性醸造家の栗山朋子さんと、そのパートナーであるギヨーム・ボットのふたりが、2010年ヴィンテージにスタートさせた、サヴィニー・レ・ボーヌを本拠地とするネゴシアン。

栗山さんはガイゼンハイム大学で醸造学を学び、2011年までラインガウにあるアルテンキルヒ醸造所で醸造責任者を務めていた才媛。
ギヨームはピュリニー・モンラッシェのエティエンヌ・ソゼで働いた後、2002年からはサヴィニーのドメーヌ・シモン・ビーズに請われて移籍。当主だった故パトリック・ビーズの右腕として活躍し、今も現役で醸造を任されている。

ふたりのメゾンはいわゆるネゴシアンといっても、ブドウや果汁の段階からワインを仕上げるネゴシアン・ヴィニフィカトゥール。 原料の供給元にも足繁く通い、自分たちの目が完璧に行き届く範囲に規模を留める、オートクチュールな造りが特徴だ。
原料購入のポイントはまず畑まで出向き、その仕事ぶりを見ること。価格的に15〜20%ものプライムのつくビオの畑を優先して回っているという。

初ヴィンテージの2010年ブルゴーニュ・ピノ・ノワールは、早くも英国の著名ワインジャーナリスト、ジャンシス・ロビンソン女史の目にとまり、彼女のウェブサイトで「今週のワイン」に取り上げたほど。
この生まれたばかりの造り手に、世界が注目し始めている。

2011年まではポマールに借りていたスペースでワインを造っていたが、2012年以降、サヴィニーに完成した新たな施設で醸造。
同じく2012年にはビオで栽培する知りあいの栽培農家からヴォルネイとポマールのブドウを分けてもらい、その出来具合がケタ違いの素晴らしさらしい。
年を追うごとにふたりの目指す方向性が定まり、ワインの完成度を上げているのがなんとも頼もしい。

日本人女性の細やかなセンスと銘醸蔵で研鑽を積んだパートナーのサポート、そして約束の土地であるブルゴーニュが紡ぎ出す、洗練されたワインたち。
無限のポテンシャルを秘めたこのニュースターから目を離すことができない。

 

 

 

 

 

SO2無添加で造るヴァンナチュール

「ラントル」とはフランス語で侵略者を意味します。

ワイン名はブルゴーニュの造り手が他の土地に分け入りワインを造ること、異邦のワインがブルゴーニュ中心のシャントレーヴのラインナップに

加わったことの両方を示唆しています。

ブルゴーニュワインとは別に、アペラシオンの解釈に捉われず、自由にワインを造ってみたいという思いが形になったワインです。

 

南ローヌのヴァルレアス村のシラーを用いたラントル・ルージュは、2015年ヴィンテージが初リリースで今回4回目のリリースです!!


南ローヌのヴァルレアスは海抜400メートル強の高地で石灰土壌。

水捌けが良く冷涼で、一昔前は葡萄が充分に熟さないと敬遠されたものでしたが、温暖化の恩恵を受け、今では冷涼気候でありながらきちんと糖度が上がります。

酸とミネラル感とエレガンスを持ったワインを作りやすい冷涼気候の畑はまさに理想郷。

全房発酵を用い、SO2無添加で醸造。瓶詰め時にもSO2無添加で仕上げます。

2018年は収量が少なかったため、果実味もミネラリティーも凝縮しており、ラントルを作り始めて以来一番の出来を自負しています。軽く冷やしてお飲みください(栗山さん)

 

 栗山朋子さんからのテイスティングノート
赤は例年と同じく全房を100%使い、SO2は非常に抑えていますから、若いうちから楽しめながら、熟成のポテンシャルも高いです。
南ローヌはヴァルレアスのオーガニック認証を持つシラーを使い、抽出は優しく軽やかに仕上げました。 SO2は全く使わない、シャントレーヴならではのヴァンナチュールです。2018年は収量が少なかったため、果実味もミネラリティーも凝縮しており、ラントルを作り始めて以来一番の出来を自負しています。軽く冷やしてお飲みください。

 

ご購入はこちらをクリックして下さい!

ワインの新入荷情報おトクな情報などをいち早くお届けします

MARGHUから来る自動返信メールに認証リンクがありますので、そちらへアクセスしたら登録完了です