MARGHU gallery&wine

マジ・シャンベルタン 2002 ドメーヌ・アルマン・ジョフロワ

ジュヴレ・シャンベルタンのテロワールを極める銘醸生産者

種類

All

>

>

ミディアムボディ

品種

ピノ・ノワール100%

産地

フランス

>

ブルゴーニュ

生産者

ブルゴーニュの生産者

>

フランスの生産者

>

アルマン・ジョフロワ

相性の良い料理

備考

熟成:オーク樽 16カ月(仏産、228L、新樽比率90%)
年間生産数:3,200本

35,000円(税別)

カートへ入れる

ドメーヌ・アルマン・ジョフロワ

ジュヴレ・シャンベルタンの地で5世代受け継がれてきた伝統

ジュヴレ・シャンベルタンの地で代々家族経営で営まれてきたドメーヌ。

19世紀終わり頃、2.5haの畑からからドメーヌをスタートさせ、現在は5代目のフィリップ・アルマン氏が9haの畑からワインを造り出しています。

フィリップは2005年からドメーヌに参加。

「テロワールの表現のためには近代的アプローチよりも伝統的な手法が適している。」との考えのもと、代々受け継がれてきた伝統的なワイン造りを踏襲しています。

所有する村名格以上の畑は全てジュヴレ・シャンベルタン村に存在するという、まさにジュヴレ・シャンベルタンに根ざした生産者です。

 

所有する村名クラス以上の畑は全てジュヴレ・シャンベルタン村に

ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ ラ・ペリエール (所有面積0.28ha)

ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ ラヴォー・サン・ジャック (所有面積0.68ha)

マジ・シャンベルタン (所有面積0.8ha)

 

天然酵母で醗酵、100%除梗しフィルタリングは行わない

テロワールを表現するために天然酵母のみで醗酵を行います。梗から抽出される成分がワインに影響を与えることを嫌うため、ブドウは100%除梗しています。5日間の低温浸漬の後に醗酵、澱下げのためのタンパク質の添加やフィルタリングも行わずブドウが持つ要素をそのままボトルに詰め込んでいます。

村名クラスまではステンレス・タンクにて醗酵しプルミエ・クリュ以上の上級キュヴェについては、急激な温度変化が起こらず、管理にも慣れているコンクリートの醗酵槽でより丁寧に醗酵を行っています。新樽の使用比率にもとても気を使っており、樽の香りだけが前面に出てしまわないように注意しています。

亜硫酸の添加も極力少なく抑えており、ボトリング時に20mg/Lから25mg/L程度の添加となります。

 

マジ・シャンベルタン 2002

 

飲み頃・優良年、2000年が入荷しました!
熟成感が感じられる美しい色調、しっかりしたボディを保ちながら、テクスチャーとタンニンに大変な奥行きと調和が見られます。

果実味は肉厚でタンニンも程よくこなれた感じになっています。

 

ご注文はこちらをクリックしてください!

ワインの新入荷情報おトクな情報などをいち早くお届けします

MARGHUから来る自動返信メールに認証リンクがありますので、そちらへアクセスしたら登録完了です