MARGHU gallery&wine

アリル カベルネ・ソーヴィニヨン エステート ナパ・ヴァレー 2012

アメリカ現地価格125ドルがワイナリー廃業のため、まさかの大特価!

種類

All

>

>

フルボディ

ミディアムボディ

品種

カベルネ・ソーヴィニヨン87%、プティ・ヴェルド13%

産地

アメリカ

>

カリフォルニア

生産者

カリフォルニア

>

アリル

>

アメリカ

相性の良い料理

備考

熟成:仏産樽にて24ヶ月熟成(60%新樽)
輸入元:中川ワイン

7,900円(税別)

カートへ入れる

アリル《ARIL》

 

価格を完全に上回るプレミアム・クオリティー。

現フェイラ、元ターリーのワインメーカー「アレン・ジョーダン」が造るナパカベの完成形。

 

 

オーナーのハーモン&ジョアンヌ・ブラウン夫妻が2008年に設立。ハーモン氏は元スポッツウッド社長。ワイナリー名を瑞々しい果実の象徴でもある「アリル(仮種皮=ざくろ)」に決め、テロワール、バランス、エレガンスを兼ね備えたワイン造りを誓った。ワイン・コンサルタントはアレン・ジョーダン。現フェイラ・オーナー、経歴はジョゼフ・フェルプス、フランスのローヌのジャン・リュック・コロンボ、ネイヤーズ、マーカッシン、ターリー・ワイン・セラーズ。アレン・ジョーダンの造るワインは変化に富む。経歴のごとく様々なスタイルのワインで高い評価を得ながら芯にあるものは各品種においてバランスが取れたワイン造り。

アリルの求めるワインスタイルに合致している。

 

 

アリル カベルネ・ソーヴィニヨン エステート ナパ・ヴァレー 2012

 

畑:ブロッサム・ヴィンヤードカリストガ北部、ナパ・ヴァレー(自社畑)
独特な気象条件が生み出される畑で、ナパ・ヴァレーの中で一番暑いと言われるカリストガ市街地より北、ナイツ・ヴァレー(ソノマ)に近く、セント・ヘレナ山を間近に望み、畑は小さな丘に囲まれ、うねるような斜面の畑。午後に吹き込む冷たい風が日中の気温をカリストガ市街地より低くする。大きな特徴は夜にあり、気圧が一気に落ちる。ラシアン・リヴァー・ヴァレーからの冷たい西風がチョーク・ヒル・ウィンド・ギャップを通してセント・ヘレナ山に当たり、畑のある小さな谷に落ちてくる。

ナパ・ヴァレーの中でも日較差が大きく現れるのが特徴。ハングタイム(葡萄が樹にとどまる)が長く葡萄は生物学的にも十分に成熟しながら、酸が落ちないのが特徴である。(2012年の収穫は10月21日。ナパ・ヴァレーの中でも遅い収穫)土壌は白っぽく細かい砂と粘土の部分と(プティ・ヴェルドが植わり、過熟にならずエレガントな要素が生まれる)、色が濃く火山由来の岩がちで水はけの良い部分と分かれている(カベルネ・ソーヴィニヨンが植わり、樹勢が制限され、深みと緊張感と複雑味を加味する)。アレン・ジョーダンが2011年より栽培管理も行いオーガニックで栽培されている。

 

味わい:アレン・ジョーダンの手腕により、典型的なナパ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨンに求められる味わいに仕上がっている。力強く凝縮し、幾重にも重なる複雑な要素があり、果実が優しく包み込むような柔らかさも持っている。赤・黒系チェリーのアロマに瑞々しい苺のニュアンスが含まれ、ココア、チョコレート、葉巻、セージ、ナツメグのようなナパ・カベらしいハーブの要素が含まれる。口当たりは柔らかく、タンニンは細かくこなれており、秀逸な酸が全体を包んでいる。リリース時にアレン・ジョーダンから10年以上の熟成の可能性があるとコメント。今リリース後約3年を向かえ、十分に開いた柔らかさと様々な要素が溢れ出し、タンニンもより柔らかくこなれて、熟成の初期の飲み頃を向かえている。

 

アメリカ現地価格125ドルがワイナリー廃業のため、まさかの大特価!
複雑味、こなれたタンニン、熟成のニュアンス、まさに今飲み頃。
販売価格を完全に上回る高いクオリティで、超おすすめの1本です!!

次回、この2012ヴィンテージが入荷できるのかは、分かりません。。。

 

お急ぎ下さい。。。💦

 

 

ご購入はこちらをクリック

ワインの新入荷情報おトクな情報などをいち早くお届けします

MARGHUから来る自動返信メールに認証リンクがありますので、そちらへアクセスしたら登録完了です