MARGHU gallery&wine

ロッソ・ディ・ノートリ 2018 トゥア・リータ

もはやセカンドではない! 100点満点ワイナリー「トゥアリータ」を身近に楽しめる「ロッソ デイ ノートリ」

種類

All

>

>

フルボディ

ミディアムボディ

品種

サンジョベーゼ40%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%、メルロー20%、シラー10%、カベルネ・フラン10%

産地

イタリア

>

トスカーナ

生産者

トゥア・リータ

相性の良い料理

備考

熟成:一部オーク樽熟成6ヶ月

2,200円(税込2,420円)

カートへ入れる

2大ワインガイドで初めて、100点を獲得したイタリアワインの生産者

ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であったトスカーナ州、スヴェレートの地に畑を購入したのは1984年のことでした。

運命に導かれたのか、購入した土地がワイン造りにおいて尋常ではないポテンシャルを持っていることに気がついたのはその後のこと。

1988年に植樹し、1992年に初めて瓶詰めしたワインをリリースしてから僅か6ヴィンテージ目でトゥア・リータのフラッグシップ、

レディガフィはワイン・スペクテイター100点を獲得するという快挙を成し遂げます。

さらに2000年のレディガフィは、ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得。

イタリアワイン界で2大ワイン評価誌において100点を獲得したワインは「レディガフィ」のみという奇跡でした。

しかし、この家族経営の小さな醸造所はワインガイドの評価に左右されず、

妥協を許さない飽くなきワインの品質への追求・挑戦を続け、

トップ生産者としての地位をゆるぎないものとしました。

大地を愛し、天に愛される人

その話題性から、ワインの評点や醸造家などが評価されがちですが、品質の根底を支えているのは人でした。

オーナーのヴィルジリオ・ビスティ氏は趣味が高じて始めたブドウ栽培を、いつしか「どうせやるなら、世界レベルのワインを造りたい。」と思うようになります。

何より農作業を愛した彼は、まるでわが子を愛でるかのように日々ブドウの手入れをしていました。

2010年にビスティ氏は亡くなりましたが、その心は次世代へ引き継がれています。

全てはブドウの品質で決まるワイン。トゥア・リータのワインは人の愛情で育まれたブドウから作られています。

ヴィルジリオ・ビスティ氏

ロッソ・ディ・ノートリ 2018 トゥア・リータ

 

もはやセカンドではない!

100点満点ワイナリー「トゥアリータ」を身近に楽しめる「ロッソ デイ ノートリ」

 

イタリアワイン唯一の二大誌100点満点ワイナリー「トゥア リータ」をお手頃価格で味わえることで大人気の「ロッソ デイ ノートリ」。

かつてはセカンドワインとして造られていましたが、年々品質があがり、

2010年ヴィンテージからは「レディガフィ」など上級キュヴェと同じラベルデザインでリリースされるようになりました。

2010年からはトップキュヴェと同じラベルデザインに一新
ロッソ デイ ノートリは、サンジョヴェーゼとメルロー、カベルネ ソーヴィニヨン、シラーのブレンドで造られます。

サンジョヴェーゼはかつてペルラート デル ボスコに使用していた畑のもの。

そしてイタリアワイン唯一の二大誌満点スーパートスカン「レディガフィ」、

トゥアリータの魂とも呼べる「ジュスト ディ ノートリ」、

その生産量の少なさから幻と呼ばれる「シラー」3つのトップキュヴェから最終選別で格下げされた、

最後までトップキュヴェとしてリリースされる可能性があったワイン(メルロー、カベルネ ソーヴィニヨン、シラー)がブレンドされているのです。

かつてはセカンドラベルとしてラベルデザインも分けられていましたが、上級クラスのレベルに達したことで2010年からラベルデザインを一新。

「もはやセカンドではない!」とトップキュヴェと同じラベルデザインでリリースされることになりました。

 

カシスやブラックチェリーの果実香。

ふくよかな味わい果実味が豊かでそれに負けないミネラルや酸味などのバランスが取れており、

とても上品。

 

ご購入はこちらをクリックして下さい!

ワインの新入荷情報おトクな情報などをいち早くお届けします

MARGHUから来る自動返信メールに認証リンクがありますので、そちらへアクセスしたら登録完了です