MARGHU gallery&wine

シャンパーニュの泡を上品にする方法!!

2018/07/27

シャンパーニュ

ワイン豆知識

こんにちは(^^)

熊本県合志市(光の森地区)

画廊&ワインショップ

GALLERY&WINE MARGHU(マーグ)

のブログにご訪問ありがとうございます。

 

連日猛暑続きの日本列島^^;
皆様いかがお過ごしですか?

熱中症にはくれぐれもお気をつけください(汗)

 

さて、今回はタイトルの通り

価格が安めのシャンパーニュってグラスに注ぐと、やたらと泡が出るなぁと感じていた今日このごろ。

先日インポーターの営業さんとの他愛も無い会話の中でヒントを頂いたので皆様にもお知らせしとこうかと(^^)

 

 

先日の会話

 

店主:『5,000円以下のシャンパーニュってグラスに注ぐと泡がすごく多いんですよねぇ。。。』

『やっぱり安いとそうなっちゃうんですかね。。。』

 

営業さん:『低価格帯のシャンパーニュは瓶内熟成の期間が短いので、期間が短いと泡は荒くて多いですもんねぇ。』

 

店主:『でもこのシャンパーニュは低価格帯だけど、瓶内熟成は30ヶ月ですよ!』

 

営業さん:『あら!そうですねぇ。。。』

 

営業さん:『そういえば、以前シャンパーニュメゾンのオーナーが来日してセミナーをやった時のお話なんですが、そのオーナーがこんなこと言ってましたよ!』

 

メゾンオーナー:『このグラスは食器洗剤で洗ったグラスかい?』

営業さん:『はい』

メゾンオーナー:『真水でもう一度すすいでくれ。全然違うから!』

 

 

店主:『え!?そんな違うんですかねぇ。。。』(無知な店主ですみません^^;)

 

 

その日の夜早速やってみました!!

 

まずはいつものグラスにシャンパーニュを注ぎます。

 

やはり泡が多いな(汗)

 

同じカタチのグラスを真水ですすぎ拭き取ってから注いでみました。

 

お!!

 

ぜんぜん違うじゃん!!

 

その時の写真がこちら!!

 

 

左がそのまま注いだグラス。

右が真水ですすいだグラス。

 

これ時間差とかではなく、

左のグラスを先に注ぎ、その後すぐに右のグラスに注ぎました。

 

実際は、左のグラスは最初もっと泡立ってました。

 

飲み進めていき、グラスに入っている量が少なくなっくると、

左のグラスは少し抜けた感があり、

右のグラスは元気いっぱいでした!!

 

ただ真水で1回洗い直しただけで、こんなにも違うのかと!!

ビックリでした!!

 

みなさんも次シャンパーニュを飲むときは、1度グラスを真水で洗い直してから飲んでみてください。

 

いつものシャンパーニュと一味違うかも(^^)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

良いワインライフを(^^)

ワインの新入荷情報おトクな情報などをいち早くお届けします

▼ MARGHUメールマガジン登録